歯周病の進行を抑えるためには歯周病治療が必要

虫歯を治すためには、歯医者に行かないといけません。

そして、歯医者に虫歯を治してもらうことによって、虫歯を完治させることができますが、歯周病の場合も同じで、歯周病の進行を抑えるためには、歯医者に行って歯周病治療を受けなくてはなりません。歯周病の場合、初期の段階では、歯周病特有の症状がほとんど無い場合が多いこともあり、歯周病になっていることに気付かない人が多くいます。

歯周病の進行が進んでくると歯の揺れや歯茎の腫れ、口臭などの症状が出始めてきます。そして、最終的には歯周病の影響により、歯が抜けてしまうという病気になっています。歯周病の原因を作っているのがプラークがです。ですので、歯周病治療の基本治療となってくるのが、このプラークを取ることをメインにしている治療になります。プラークを取らない限りは、どんなに高くいい治療や痛い思いをして治療を受けたとしても全ての治療が台無しになり、歯周病の進行を抑えることができなくなってしまいます。

ですので、まずは、プラークを取る治療が重要な治療になってきます。プラークを取る治療が終わった次に行う歯周病治療が歯周外科での治療になってきます。歯周外科では、基本治療では、取りきることのできなかった歯石を取る治療を行ったり、歯周病によって凸凹に変形している骨の形をプラークコントロールがしやすい形に整えていく治療を行っていきます。また、状態の悪い歯がある場合には、抜歯を行うのも歯周外科での治療になります。
渋谷の歯医者のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *