歯周病治療で歯周病の進行を抑える

歯周病になってしまうと自分でも気付かないうちに歯が抜けてしまうことがあるとても恐ろしい病気です。

ですが、歯周病はしっかりと歯周病治療をすることによって歯周病を完全に完治させるのは難しいですが、進行を抑えることができます。歯周病治療で基本的な治療となってくるのプラークの除去です。プラークは歯周病の原因を作ってしまうので、このプラークの除去は非常に大切です。また、プラークの除去をせずに外科治療を行ったとしても意味がなく歯周病の進行を抑えることができません。

プラークの除去が終わると次の治療が外科治療になってきます。外科治療で行う治療としては、基本的なプラークの除去では取り除くことができなかった歯石だったり、歯周病が原因となり、溶けてしまった骨の形を整えていく治療を行います。骨の形を整える理由としては、プラークコントロールがしやすくなるのが理由になってきます。このときに状態の悪い歯があると他の正常な歯に悪影響を与えてしまうので、抜歯をして他の正常な歯に悪影響を与えないようにしていきます。

歯周病治療が終わったからといって歯周病が完全に治ったわけではありません。また、歯周病の進行を進めないためにもメンテナンスを行う必要があります。このメンテナンスを怠ることによって、せっかく進行を抑えられた歯周病もまた進行させてしまうことになり、もう一度歯周病治療を受けなくてはいけない可能性もありますし、歯が抜けてしまう可能性もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *