歯周病の進行を食い止めるための歯周病治療

歯周病の怖いところは歯周病になったとしても初期の段階では症状がほとんどないので、そのために歯周病になっていることに気付かないとこりにあります。

歯周病の進行が進んでくると次第に歯が揺れだしたり、歯茎が腫れたりしてしまい、最終的には歯が抜けてしまうという病気になっています。歯周病の進行を抑えるには歯周病治療を受ける必要があります。歯周病治療の基本的な治療になるのが、プラークを取ることをメインにしている治療です。プラークは、歯周病の原因を作り出してしまうので、プラークを取り除かない限りは、どんな治療を受けたとしても歯周病の進行を抑えることができずに全ての治療の意味がなくなってしまいます。

プラークを取ることをメインにした治療の次に行うのが歯周外科での治療です。歯周外科での治療では、基本治療で取りきることのできなかった歯石を取ったりする治療になっています。また、他にも歯周病のしせいで変形してしまった骨の形を整えていく治療も行ってプラークコントロールがしやすいようにしていきます。このときに状態の悪い歯があると他の歯に悪影響を及ぼしてしまいます。

ですので、状態の悪い歯がある場合には、抜歯をして他の歯に悪影響を与えないようにしていく必要があります。歯周病治療が終わったらといって完全に歯周病の進行が抑えられたわけではありません。これからも歯周病の進行を抑えていくためには、しっかりとお口の中を定期的にお手入れをしていくことが重要です。
渋谷の歯医者のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *