歯周病治療で歯周病の進行を抑えることができる

歯周病は歯を失ってしまう恐ろしい病気ですが、この歯周病の怖いところは、他にも初期の段階だと歯周病の症状がほとんどないために歯周病になっていることに気付かないとこにもあります。

歯周病は、日本人の成人の80%がこの病気にかかっているといわれています。歯周病になってしまう原因としては、プラークにあります。このプラークによって、歯の周りの骨が溶けてしまい、歯周病特有の症状の歯の揺れや歯茎の腫れなどの症状が現れてきます。そして、最終的に歯が抜けてしまうのが歯周病の症状になっています。

歯周病の進行を抑えるは、歯周病治療を受ける必要があります。歯周病治療の基本的な治療としては、プラークを取る治療があります。プラークは、歯周病の原因を作っているので、このプラークを取る治療を行わないとどんな治療を受けたとしてもまたプラークが発生してしまい、全ての治療が台無しになってしまいます。プラークを取る基本治療が終わると歯周外科の歯周病治療になります。

歯周外科で行うのは、基本治療では取りきることのできなかった歯石を取り除く他に歯周病の影響によって、変形してしまった骨の形を整えていく治療になります。そして、変形してしまった骨の形を整えて、プラークコントロールがしやすいようにしていきます。また、このときの状態の悪い歯がある場合には、抜歯を行うことによって、他の歯の悪い影響を与えないようにしていくのも必要な治療になってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *