歯周病治療の種類について

歯周病は進行すると歯が抜けてしまう恐ろしい病気です。

日本人が歯を失う原因の多くが歯周病であり、自覚症状も少ない為に予備軍も含めれば成人の患者数は約8割とも言われています。そんな歯周病の治療法は症状の進行に合わせて、いくつか種類があります。まず、歯周病治療の基本となるのが基本治療と呼ばれるプラークの除去をメインにする治療法です。

歯垢(プラーク)は歯周病の直接の原因といえるので、歯垢と歯垢の固まりである歯石を除去し口内を清潔にするのが基本となります。基本の歯周病治療は歯科医が歯垢や歯石を除去するだけでなく、患者自身の生活習慣、毎日の歯磨きの改善指導を行い歯垢の付きにくい口内環境にすることを目的とします。基本の歯周病治療を行っても症状が改善されない場合、外科治療を行います。歯と歯ぐきの溝、俗に言う歯周ポケットが深いと歯垢や歯石がキレイに除去できません。

その為、歯周ポケットが深い患者に対しては歯ぐきに局所麻酔をして歯ぐきを切開し、歯石などを取り除くフラップ手術を行います。また、症状が進行して状態が悪い歯はそのまま残しておくと他の歯に悪影響が出るので抜歯することもあります。最後にメンテナンスという歯周病治療もあります。歯周病は一度治療しても、その後の口内環境しだいで再発が充分にありえる病気です。

つまり、メンテナンスは治療後に歯周病が進行・再発しないように口内環境を維持する為の治療です。重度の歯周病の場合は完治しても歯並びが悪かったり、歯周ポケットが深いままだったりします。歯垢が溜まりやすくなっているので治療後のメンテナンスが不可欠となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *