歯周病治療したいけどどうしたらいいのか

歯周病は、口臭や歯の早期脱落の原因になるだけではなく、最近の研究では呼吸系疾患や心疾患との関連性があるとして研究が進んでいます。

健康を保つために、なるべく早い段階で治してしまいたいものです。そんな歯周病治療はどのように行うのでしょうか。早期の歯周病治療では、スケーリング及びルートプレーニングという方法が適用となります。日常の歯磨きでは、ほとんどの人が歯垢や歯石を取り切れずに歯周病の原因を作っています。これらを除去するのがスケーリングです。スケーラーと呼ばれる特殊な器具を用いて行われます。

その後、スケーリングだけでは取り除けない、歯肉や歯周ポケットに入り込んだ歯垢や歯石を特殊な器具で除去した後、歯の表面を滑らかにすることで再び付着するのを防ぐのです。初期であれば、これらの治療により歯茎の炎症が抑えられ、歯周ポケットも浅くなっていきます。次に、残念ながら既に歯周病が進行し、あまりに歯周ポケットが深くなってしまった場合には、手術が必要となるケースも出てきます。それが、歯肉剥離掻爬術です。歯周ポケット自体を切除して、歯肉を歯槽骨から剥がし、スケーリング及びルートプレーニングを行うというものです。

この手術の際に、開発歯周組織開発誘導材と呼ばれるたんぱく質や、人工の特殊膜を歯槽骨に塗布することで歯周組織の再生を促す方法もあります。それでもなお、歯周病が進行し歯が脱落してしまったら、インプラントを行うという選択肢があります。ただし、既往症によってはインプラント不可となってしまうこともあります。歯周病治療においては、何よりも早めに歯科医にかかることが最初の一歩となります。重症化する前になるべく早くもよりの歯科医にかかるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *