歯周病の進行を抑えられる歯周病治療を受けよう

虫歯は進行をするに連れて様々な症状が出てきます。

ですが、歯を失う病気として最も多い歯周病の場合、歯周病の進行が進んでも症状がほとんどないことが多いので、歯周病になっていることに気付かない人がたくさんいます。その結果、歯を失ってしまうことになります。歯周病を治療するには、歯周病治療が必要になります。歯周病治療で重要になってくるのが、プラークを取り除く治療です。

プラークは、歯周病の原因を作ってしまうもので、プラークを取り除かない限りは、どんなにいい治療を受けたとしても全てが台無しになってしまうほど重要な治療になっています。プラークを取り除く基本治療では、プラークを取り除く他に自分でプラークを取る力や歯石を取ることによって、プラークを取りやすい環境にしていくのも目的になります。プラークを取り除く基本治療の次が、歯周外科の治療になってきます。

基本治療では取りきれなかった歯石を取る治療や歯周病によって変形した骨の形を整えることによって、プラークコントロールがしやすいようにしていきます。ここで、重要になってくるのが、状態の悪い歯がある場合は、状態の悪い歯を抜歯することです。

この理由は、状態の悪い歯があると他の歯に悪い影響を及ぼす可能性があるからで、状態の悪い歯を抜歯することによって、他の歯に悪い影響を及ぼさないようにしていきます。歯周病治療が終わったからといって完全に歯周病の進行抑えられたわけではありません。メンテナンスをしっかりとすることによって、これからも歯周病の進行を抑えることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *