誰でもわかる歯周病治療

歯周病治療は、早い段階で歯科医のもとを訪れて、適切な口腔衛生指導を受けるところから始まります。

口腔衛生指導とは、歯ブラシによるブラッシングの仕方や歯ブラシの選び方、歯間ブラシやフロスの使い方などです。洗口液の使い方や使用のタイミングについても指導してもらえます。歯周病の病状が進行しており、歯周炎の症状がでている場合の歯周病治療の主な方法は、プラークの除去です。プラークとは、歯垢ともよばれ、歯の表面に形成されたバイオフィルムを意味します。

歯垢の内部には細菌が生息していることがわかっており、歯垢に住む細菌の働きによって歯周病が進行していきます。歯についた歯垢を放置しておくと、歯石へと変化していきます。歯石の状態になってしまうと、ブラッシングなどの家庭でできる口腔ケアでは、除去することができません。そこで、歯周病治療では、歯についた歯石を機械を使って削っていきます。この歯石を除去する治療のことをスケーリングと言います。スケーリングが終わり、何も問題がなければ歯科医院での歯周病治療は終了です。

もし、歯にぐらつきがあるようなら、冠や補綴器具を使用して固定する治療が行われます。また、固定が難しい状態になっているときは、歯を抜いて、義歯を入れるという選択も考えられます。義歯に抵抗がある場合は、インプラントという方法もありますが、歯周病によって歯の土台となる部分が溶けてしまっている場合には、インプラントで植えた歯が十分に根付かないリスクがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *