歯周病の進行を抑えられる歯周病治療

歯周病は放っておくと歯が抜けてしまうという恐ろしい病気です。

虫歯の場合も放っておくと進行がどんどん進んでしまいますが、虫歯の場合は、進行が進んでくると痛みなどの症状が出てくるので虫歯になっていることに気付くことができます。ですが、歯周病の場合は、症状がほとんどないことが多いので、歯周病になっていることに気付かない場合が多くあるので、歯が抜けてから初めて歯周病になっていることに気付くこともあります。

歯周病は、歯周病治療を行うことによって進行を抑えることができるので、歯周病になっているなら必ず治療することが大切です。歯周病治療はどのように治療していくことになるのかというと基本的な歯周病治療となってくるのな、プラークを取り除く治療です。自分でプラークを取り除ける力や歯石を取ることによってプラークを取りやすい環境にしていくのがこの歯周病治療の基本治療となっています。

この基本治療をきちんと行わない限りは、外科治療を受けたとしても元に戻ってしまうので意味がなくなってしまいます。基本治療の次に行う治療が外科治療になってきます。外科治療で行うこととしては、基本治療で取り除けなかったプラークの除去を行ったり、歯周病によって溶けてしまった骨の形を整えていく治療をしていきます。歯周病治療が終わったら必ず定期的にメンテナンスを行うことの必要になります。メンテナンスを怠ってしまうと抑えられた歯周病の進行をまた進めてしまうことになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *